- 自立援助ホームをご存知でしょうか? -

家庭で生活できない子ども達がいます。
彼らに必要なものは、あたりまえの生活です。

ただいまって帰るとこ、おかえりって返る声
青少年の自立を支える会シオン

自立援助ホーム えがおの家 2019年4月古河市に移転

Independent aid home egaonoie

ごあいさつ

子どもたちのこれからが、笑顔でいっぱいになるよう思いを込めて”えがおの家”と名づけました。


自立援助ホームえがおの家 ホーム長 高塚耕司

4月1日より「えがおの家」のホーム長になりました高塚耕司です。この度、皆さまのご助力もあり、最初の入居者を迎え無事に古河市上辺見に、開所することが出来ました。皆さまには心より御礼申し上げます。

現在は男子1名の入居者を受け入れながらホームの整備を進めています。この間、ご近所さまからメダカを頂戴しました。子どもが毎日餌をあげています。そこで、卵を発見して興奮していました。そして、5月3日にはその子が、アルバイトの初日を迎えます。

一日一日より良いホームを目指し頑張っています。これからも、宜しくお願い致します。

活動を続けるために、ボランティアや寄付者、会員になってくださる方を募集しております。ご協力の程、よろしくお願いいたします。


質問と回答

Q1.所在地は?
A.〒306-0234 茨城県古河市上辺見418-31
Q2.連絡先は?
A.電話&ファクス 0280-23-3340
Q2.対象児童と入居定員は?
A.義務教育を修了した15歳から20歳までの子どもです。家庭の養育が期待できないと思われ、尚且つ自ら「ホーム」への入居を希望する者です。定員は男女5名です。
Q3.事業内容は?
A.「自立」に向けて「準備」と「練習」をします。月々の寮費は3万円です。
Q4.どんな「準備」と「練習」をするの?
A.1人暮らしのため「貯金」をします。「資格取得」も自立のための準備です。「仕事」や「人間関係」など、ホームでの生活全てが、自立のための練習です。練習ですから、失敗しても大丈夫!ホームを巣立つまでにできるようになればよいのです。
Q5.高校には通えないの?
A.仕事をしながら通信高校に通って、高校卒業の資格を取ることができます。寄付金やボランティアの先生によって、授業料がかからないよう努めています。(審査有り)

間取りと部屋の様子

図




アクセス

図

〒306-0234
茨城県 古河市 上辺見 418-31

周辺にはジョイフル本田、ジャパンミートがあり阿見町と町並みが似ています。近くにはドラッグストアやコンビニがあり、子ども達にとって仕事場が探しやすい環境です。

自立援助ホーム'えがおの家'の移転にあたり、寄付品を提供して下さる支援者様を募集しております。