• 青少年の自立を支える会 シオン
    活動の日記を公開中!!

  • 親の居ない、又は親と同居できない子どもの入所施設

  • 不登校・引きこもりの青少年を対象にした支援活動

  • 農業からITま、でジャンルを問わない就業支援を実施

  • 教員・会社経営者・医師・法律家・ボランティア団体などとの地域ネットワークを構築

〜学活〜 就労体験活動

つくばアーバンガーデニングでのアルバイト

100本のXmasツリー

毎年、イーアスつくばにて、百本のXmasツリーが開催されます。その設置と撤去作業を、NPO法人つくばアーバンガーデニングから一部請け負っています。

朝8時集合、夕方までの肉体労働です。仕事がまだ見つからない寮生にとっては、大切な収入源!皆気合が入っています。
作業終了時には、へとへとになっていましたが、仕事をやり遂げた達成感からか、自信に満ちた目をしていました。

この活動は、他の人たちと協力しながらでないと、絶対にできません。自ずとコミュニケーションが行われ、協力し合うようになります。本事業を通して連帯感や協調性を体験し、社会性を伸長してもらいたいと思っています。
今年は、延べ13名が参加しました。


模擬店出店

模擬店

毎年、茨城大学鍬耕祭、阿見大好き青空市、つくばマラソンにて、模擬店を出店します。 お金を稼ぐことがどのようなことなのかを、仕入れから販売、収支計算まで関与し体感してもらいます。
なお、模擬店出店での利益は、子どもたちの教育研修費や自立支援費に還元します。


リサイクル品販売

リサイクル

まだ十分に使えるのに不要になった中古物品や譲って頂いた物品を、バザーやオークションで販売しています。
ここでの利益も、教育研修費や自立支援費に還元しています。


農業体験

農作業02

不登校、非行などの精神的病や問題行動は、食生活の乱れも関係していると言われています。私たち職員の多くも、その考えに賛同し、農作業に参加しています。
現在は、春から秋にかけて、じゃが芋とさつま芋を種まきから収穫まで行っています。また、定期的に協力農業団体や協力農家で、農作業を行っています。

農作業03

自分の力で作物を育て収穫し販売することで、体を動かし物を生産することの喜び、それがお金になった時の喜びを実感し、就労意欲を育む一助となるのではと考えています。現在、2ヶ所の協力農家で農作業をしています。

冬季を除くと、農作業は朝早く行います。1週間に2度ほどですが、朝早く起きて身体を動かすことは、夜型になりがちな青少年にとって規則正しい生活を行うきっかけになるのではないでしょうか。また、燦々と輝く日の光を浴びることで、ブルーな気持ちも和らいでいくことでしょう。


△top