• 青少年の自立を支える会 シオン
    活動の日記を公開中!!

  • 親の居ない、又は親と同居できない子どもの入所施設

  • 不登校・引きこもりの青少年を対象にした支援活動

  • 農業からITま、でジャンルを問わない就業支援を実施

  • 教員・会社経営者・医師・法律家・ボランティア団体などとの地域ネットワークを構築

費  用

みらい入居者月 謝教材費通信高校学費(1単位)通信高校施設利用料
0円
実 費
10円〜8千円
0円〜3万円
シオン学苑寮入居者月 謝教材費通信高校学費通信高校施設利用料
0円〜6万円実 費
10円〜8千円
0円〜3万円

  • 上記金額は、減免申請を行う場合の金額です。その金額は、前年度の収入により変動します。入居者本人が扶養に入っている場合は、保護者の収入により学費が変動します
  • 月謝はシオン学苑長との話合いにより決定します
  • 通信高校学費は茨城県により決定されます
  • 通信高校施設利用料は通信高校校長の判断により決定されます

入苑期間

入苑期間は、概ね2〜3年です。今まで取得した単位数で変わってきます。

レポート学習

県内広域通信制高校の協力校であるシオン学苑に籍を置き、レポートを教科別に進めていきます。 授業は、毎週水曜日と金曜日の午前中に行います。基本的に小人数制で、講師一人に対し3名を超えての授業は行っていません。
授業の他にも月に1度、土浦地区BBS会のお兄さん、お姉さんが学習指導に来てくれます。レポートが遅れている生徒が参加しているようです。

学習支援週刊スケジュール
10時〜12時   

ホームルーム

ホームルームは、キャリアカウンセリング及びガイダンスと、生活指導、修学旅行などの課外活動により行われます。
キャリアカウンセリング及びガイダンスは、若者サポートステーション茨城のカウンセラーが、週に1度当施設に来所し行います。 また2週間に1度、ハローワークで担当職員の指導を受けています。

生活指導は、職員により適時行われています。

修学旅行は年間1度以上行われます。修学旅行先で、その地域の文化に触れ理解を深めるとともに、複数人でないと達成できない課題を与え、 協調性やチームワークを学んでもらいます。

スクーリング

スクーリングは、指定学校でのスクーリング、そしてインターネットやラジオを使用したメディアスクーリングにより行われます。
指定学校でのスクーリングは、夏季1ヶ月、冬季1ヶ月の間で、各自スケジュールを組み、1日で行う授業時間で変わりますが、概ね10日ほど行います。
メディアスクーリングは、NKHの番組を観賞し感想文を書くことで、進めています。


△top