• 青少年の自立を支える会 シオン
    活動の日記を公開中!!

  • 親の居ない、又は親と同居できない子どもの入所施設

  • 不登校・引きこもりの青少年を対象にした支援活動

  • 農業からITま、でジャンルを問わない就業支援を実施

  • 教員・会社経営者・医師・法律家・ボランティア団体などとの地域ネットワークを構築

ホームの日記

2012/12 夕食作り

七面鳥

稲敷更生保護女性の会(6日)土浦更生保護女性会(22,27日)の方々と、みほこさん(28日)が夕食作りに来て下さいました。

とっても豪華なものを作って頂きました。ご馳走様でした。


2012/11/25 つくばマラソン出店

模擬店

毎年恒例のつくばマラソンで出店をしてきました。
当日、メイン参加者は朝4時30分にシオンに集まり設置準備のしたくを開始しました。前日から十分な準備をし先手を取るつもりでしたが、いざ現地に到着してみたら、 参加店中一番遅かったかもしれません(汗)。

右の写真は、人々の注目を集めるための大鍋。

模擬店

この大鍋は理事長の狙い的中、多くの人が「何をしているのか?」と覗き込んできてくれました。(右写真)
マラソン参加者は1万5千名。芸能人も参加している程有名大会になりました。
メニューは、”ネギうどん”と”カレーうどん”そして”蒸したさつまいも”です。

模擬店

更生保護女性会から5名、土浦地区BBS会から2名、大学生1名が、お手伝いに来て下さり本当に助かり有難うございました。 ピークの時は、長い行列も出来て皆さん嬉しい!?悲鳴を上げていました。

販売目標は800食!結果は450食でした。反省会を行い改善点を話し合いました。来年は、1.5倍売り上げを増やし、800食を売るぞ!(笑)


2012/010/21〜23 車山高原修学旅行に行ってきました

フランス料理

寮生7名と職員3名で、10人乗りハイエースをレンタカーし(稲敷地区更生保護女性の会からの補助)2泊3日の修学旅行へ行きました。
南アルプス、北アルプス、八ヶ岳連峰、浅間山、中央アルプス、富士山が一望できる車山山頂の大パノラマは壮大で感動的でした。 紅葉観賞、ハイキング、そして温泉と、大自然を満喫した旅行でした。
有名な八島湿原のハイキングは、思った以上に広く、途中枯草で道が分からなくなり、不安になりました。
夜、温泉に行く途中に野生のキツネやシカと遭遇、大興奮しました。
オーベルジュ ラ・メイジュで、テーブルマナーの勉強をした後、フランス料理をたべました。写真は昼食です。
その他チーム戦でのゲーム
1.女神湖での、白鳥ボートレース 紅葉を見ながら湖畔を散歩
3.植物や動物探し
2.絵しりとり
4.星空を観察する
宇都宮で夕食(ラーメン、餃子)を食べて帰宅。
22日は寮生の18才の誕生日。オーナーからホールケーキのサービスがありました。金粉ののった贅沢なケーキでした。

山 山 山

2012/07/20,08/02 大竹海岸へ海水浴に行ってきました

大竹海岸

07/20 メンバーはTくん、Kくん、Dくん、Sさん、水野、江尻。ビーチは貸切り、ライフセイバーは海水浴客5人に対して3人が付く超VIP待遇でした。唇を紫にして体を震わせる程の悪天候のせいか、温泉はサイコーでした。

08/02 メンバーはTくん、Kくん、Sくん、Sさん、水野、江尻。とてもいい天気でまさに海水浴日和でした。水温は若干低めのようにも感じましたが、みんなボディボードで上手に波に乗っていました。その後の日焼けが大変でしたね。次は日焼け止めが欠かせないかも。

2012/07/31 土浦地区更生保護女性会の方々が夕食作りに来て下さいました

料理 土浦

メニューは、うどの酢味噌和え、うどのきんぴら、キュウリのピリ辛酢、刺身、さんまの煮付け、なすの素揚げ、味噌汁を頂きました。なかなかでない刺身は大好評でした。感謝です。


2012/06/02 放置された農地 及び平地林を利用した青少年の健全育成

参加者は、土浦地区BBS会から1名、阿見町更生保護女性の会から3名、自立援助ホーム"みらい"から5名と職員の子ども達3名、社会福祉研究会から3名、"のらっくす"から2名です。 今回は二回目の作業となり、放置された農地の開拓は完了し、さつま芋の苗植えの為のマルチ張りと、さつま芋の苗植えまでを行うことができました。

わずか数年間放置しただけで、これだけ大変な作業になる事を考えれば、今から100年以上前の、ブラジルへの日本人移民はもっと大変だったのでしょう。 荒地どころかジャングルの開拓ですから…。古来より人間が自然界の中で飯を食べるまでの過程というは、のさぞかし大変だったのだろう、と実感しました。
BBQでは"のらっくす"から無農薬野の提供があり小さな子供たちも喜んでくれました。

更生保護女性の会による夕食づくり

料理 アニー

ホームでは月に4回、稲敷市更生保護女性の会と土浦市更生保護女性会の方々がボランティアで夕食を作りに来てくれます。 職員や生徒も一緒になって料理をつくる事もあるので、普段中々教わる事の出来ない家庭料理を学ぶ良い機会にもなっています。


更生保護女性会 料理

育ち盛りの生徒に学校給食の様な、バランスのとれたメニューをいつも作ってくださり有難うございます。
写真は 05月晩ご飯です。



2012/03/19 シルバーアクセサリーづくりに行ってきました

※近日公開予定

2011/12/27〜28 虐待防止対策緊急強化事業

マルトリートメント

茨城県行方市にて、青少年の自立を支える会シオン主催 児童虐待防止対策緊急強化事業"マルリーメントについてのお話し"を開催してきました。 関連団体向けの授業や座談会などを二日間にわたり、行いました。写真は上が茨城大学の先生の授業風景で、下は自立援助ホーム”日向ぼっこ”との座談会の模様です。


マルトリートメント

児童虐待及び自立援助ホーム入所者数は年々増加傾向に有るというのは驚きました。今の子達は昔の子に比べて幸せなはずだと思っていたのに。 貧富の格差が広がっていることが原因でしょうか。日本人の精神レベルの低下が理由だったら非常に悲しいことです。 参加して思った事は、自立援助ホームの子達や卒業者の方達が凄くたくましかった事です。私も彼らのたくましさを見習って生きていかなければと思いました。

2011/04/21 洞峰公園にて被災地の方々に食料の提供を行いました

どうほう公園

03/11の東北大震災で被害を受けた方々に心よりお悔やみ申し上げます。
長い不況など暗いニュースが続く日本で、またしても未曾有の惨事が起きでしまい多くの人々が希望を失っているのではなでしょうか。 しかし同時に安全で素朴な生活が送れるだけで十分幸せなのだと言うことにも改めて気づかされました。 今回の不幸は必ずしも日本にとって不幸ばかりではなく、日本人の新しい価値観や生き方に繋がって行けばと思います。

同峰公園で避難している被災者の方々の為に、職員と生徒で炊き出しをおこないに行きましたました。 日頃、的屋で鍛えた腕がこの様な形で役に立つことを嬉しく思いました。
内容は、ミネストローネとカレー600食。バナナ3箱、パン200本、野菜沢山です。被災地の方も一緒に手伝って下さり、遣り甲斐のある楽しい炊き出しになりました。

△top